B型肝炎は給付金の手続き大事に~保険チェックを行おう~

説明

生命保険などを検討しよう

確定拠出年金も注目です

説明

節税対策というと、個人ではなく法人が行うものというイメージが強いですが、個人でもしっかりと節税をすることができます。金額は大きくなくても、毎年節税を意識して対策を行っていれば、数年後には、まとまった貯金を作ることができるようになります。個人の節税対策として最もポピュラーなものは生命保険です。個人年金保険、介護医療保険などに加入することで、最大12万円の所得控除を受けることができます。しかし、生命保険の保険料はその全額を所得控除できるわけではありません。一定の算式に従った額が所得より控除される仕組みになっているのです。この点、気を付けておきましょう。生命保険よりも、今、注目されている節税対策が確定拠出年金です。

納付税額を知ろう

確定拠出年金は企業で企業年金を行っていないサラリーマン等が対象となりますが、生命保険とは異なり、掛け金の全額が所得控除の対象となるので、節税効果を得やすい制度と言えます。しかも、確定拠出年金における運用益も非課税となるので、うまく運用をすることができれば、節税効果はさらに高まります。節税対策をする際に気を付けるべきことは、まず、自分がどれくらいの税金を支払っているのかということを知ることです。節税をするということは、納付する税金を少なくするということですから、もともと源泉徴収されている税金や支払うべき税金がそれほど多くなければ、節税対策も大規模に行う必要がありません。源泉徴収票や確定申告書で確認しておきましょう。

Copyright©2015 B型肝炎は給付金の手続き大事に~保険チェックを行おう~ All rights reserved.